茨城県関連企業・団体新年展望

2024

昇竜のように勢いある年に

 新しい年を迎えた。2024年はたつ年。干支えとを表す竜(龍)は十二支では唯一、想像上の動物で、中国では神聖な皇帝のシンボルとされる。天に昇る竜のように、今年は勢いのある年にしたい。

 昨年は、5月に新型コロナウイルスが感染症法上の5類に移行し、さまざまな面で約3年間続いたコロナ禍から脱却する動きが進んだ。その一方で、不安定な国際情勢や歴史的な円安、物価上昇などの影響で、多くの企業にとっては引き続き厳しい年となった。

 今年は、9月に自民党総裁選を控え、解散・総選挙が行われるかが注目される。7月にはパリ五輪があり、県勢選手の活躍が期待される。経済関連では、1月から少額投資非課税制度(NISA)の投資上限額が拡大され、7月3日には渋沢栄一の新1万円札などの新紙幣が発行される。

 さらなる飛躍に向け、県内企業・団体のトップが2024年を展望した。

掲載企業・団体一覧(50音順)

茨 城 新 聞 社